映画評論家ぶったフリーダム夫とその妻の生活

夫による映画を中心にしたエンタメ記事やコラム、 妻によるエッセイ漫画を掲載。

新作映画レビュー『パディントン2』(本日公開!)

■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!
38107377_127277

パディントン2

イギリス・フランス合作
監督・脚本:ポール・キング
出演:ベン・ウィショー(声) ヒュー・ボネヴィル サリー・ホーキンス ヒュー・グラント


あらすじ
ブラウン一家と幸せに暮らす熊のパディントン。
彼は持ち前の元気と親切さで
今ではウィンザーガーデンの人気者になっていた。

育ての親である熊のルーシーおばさんの
誕生日プレゼントに、骨董品屋で見つけた
高価な飛び出す絵本を買うことを決意。
絵本購入のために様々なアルバイトを始めるのだった。

しかし、そんなある日。
骨董品屋から飛び出す絵本が
何者かによって盗まれてしまう。

さらに、パディントンに容疑がかけられ
ついには警察に逮捕されてしまった!?

パディントンは身の潔白を証明し、
ブラウン一家と再会するために立ち上がる。


解説&レビュー
イギリスの人気児童書を実写化した
大ヒット作『パディントン』シリーズの第2作。

最初に言わせてください。一言。

もう、最高だよ!!!

可愛さも笑いもアクションも
すべてが前作からグレードアップ!

パディントンの可愛さが前作以上に爆発!
パディントン以外のキャラクターも愛らしすぎる!
可愛いの大渋滞!
上映中、ニヤニヤが止まりません!笑

脚本が完璧すぎる!
小さなギャグも含め要所要所に伏線が散りばめられ、
そのすべて回収される快感。

俳優陣が素晴らしい!
ブラウン一家を始め前作からの続投キャストはもちろん、
今回初登場となるヒュー・グラントは最高すぎます。
憎めない小悪党をチャーミングに演じ切っています。

グラント本人がパディントンの世界を最高に楽しんでいるのが
スクリーンから伝わってくるんですよ(^^)


たくさんの笑いとちょっぴりの温かな涙。

老若男女すべてにオススメする
この冬、最高のエンターテイメント作品。

DVDを待たず、ぜひ映画館でご覧になってください(*^_^*)



『パディントン2』は本日1月19日(金)より全国劇場で公開
映画公式サイト
上映劇場一覧


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

■その他の新作映画レビュー(上映中)はこちら
『ホペイロの憂鬱』
『カンフー・ヨガ』
『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』


Twitterでも映画についてつぶやいてます(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪

新作映画レビュー『ホペイロの憂鬱』

■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!
320

ホペイロの憂鬱

日本映画
監督:加治屋彰人
原作:井上尚登「ホペイロの憂鬱」
出演:白石隼也 水川あさみ 永井大 佐野史郎


あらすじ
J3所属の弱小プロサッカークラブ
「ビッグカイト相模原」で
ホペイロ(用具係)を務める坂上栄作(白石隼也)。

ある日、社長から
「今度の試合で勝利し、J2昇格を果たさなければ
人件費削減のためにホペイロを解雇する」と宣告される。

そんななか、次々と舞い込むトラブル。
筆頭スポンサーの援助金の半減…
広報用のポスターの連続盗難事件…
敵のスパイがチームの中に??

坂上はクラブの勝利のために奮闘する。


解説&レビュー
『T.R.Y.』の井上尚登の同名小説が原作。
主演は『仮面ライダーウィザード』の白石隼也。

舞台は神奈川県相模原市。
相模原市オールロケのご当地映画。

サッカーチームを舞台にしていますが、
この作品が描きたいのは「裏方の人々」。

スポーツ界だけではなく、どの業界にも
表舞台で目立つ人の陰には
大勢の裏方の人々がいます。

主人公・坂上栄作もそんな裏方の一人。

選手が最高のパフォーマンスを発揮できるように
スパイクの管理、選手の身の回りの世話、
どう見ても華やかではない地味な雑務です。

でも、そんな裏方の人々のおかげで
表舞台の人たちが輝くことができるのも事実。

裏方にも物語があり、ひとりひとりが主人公なのです。

そんな裏方にスポットを当ててくれた
この作品がわたしは好きでした。

サッカー好きはもちろん楽しめると思いますが、
裏方で働く人に観てほしい1本です。



一応、難点にも触れておくと、
サッカークラブに降りかかるトラブルの数々が
テーマとは関係ないお粗末なものなので、
上映時間を引っ張るためにぶちこんだ
と言われても仕方ない程度の話だったのが残念。



『ホペイロの憂鬱』は全国順次上映中
映画公式サイト
上映劇場一覧


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

■その他の新作映画レビュー(上映中)はこちら
『カンフー・ヨガ』
『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』
『探偵はBARにいる3』


Twitterでも映画についてつぶやいてます(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪

さよなら日劇。そして、ペンに迫る究極の二択。

■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


どうも、夫のペンです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

今回の記事はこちらを取り上げます
→→“日劇”のフィナーレイベント
『さよなら日劇ラストショウ』ゲスト登壇イベント&追加作品決定!!



1933年に「日本劇場」としてオープンし、
1984「日本劇場」「日劇東宝」「日劇プラザ」の3館の劇場として再オープン、
2009年に「TOHOシネマズ日劇」として館名を変更。
そして、2018年2月4日(日)。
ついに85年の歴史に幕を閉じることになります。

85年ってすごいですね…!
これも立派な映画の歴史のひとつですよね。
わたしの住まいからはかなり遠いので
一度も行ったことのない映画館なのですが、
それでも「日劇東宝」の名前は何故か馴染みがあります。

その最後をかざるイベントが
さよなら日劇ラストショウ』というわけです。


邦洋あらゆる名作、ヒット作がスクリーンに蘇ります。

そして、オールナイトでは、

●ドラえもんナイト
●踊る大捜査線ナイト
●トイ・ストーリーナイト
●クレヨンしんちゃんナイト
●メカゴジラナイト
●バック・トゥ・ザ・フューチャーナイト
●日劇アニメナイト

と豪華なラインナップで、
人気シリーズ作品の3~4作品を夜通し鑑賞できるという
ビッグイベントとなっています!

わたしは、「踊る大捜査線ナイト」か
「クレヨンしんちゃんナイト」に参加したいのですが、
まさかの同日同時間!

むむ。。

まだ参加するかどうかも確定ではないのですが、、
みなさんも好きな作品があるか
是非チェックしてみてください(*^_^*)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


Twitterもやってますから!


LINEで読者登録すると、最新記事がすぐに読めますから!