映画評論家ぶったフリーダム夫とその妻の生活

夫による映画を中心にしたエンタメ記事やコラム、 妻によるエッセイ漫画を掲載。

バイトすらクビ?! ~レストラン解雇篇~

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



どうも、夫です(・∀・)

当ブログにおこしいただき、
ありがとうございます。

今回は、夫の歴代仕事ふりかえり
シリーズ第3弾。

第1弾はこちらこちら
第2弾はこちら


大手メーカーの工場の契約が
半年で任期満了となったわたし。

1年以内に2社も連続で
うまくいかずに退職することになったため、
どうしてもすぐに
会社勤めする気がおきなくなりました(-_-)


そうして、1ヶ月のブランクの後、
2011年1月からイタリアンレストランの厨房で
アルバイトを始めることになったのです。


入って数日は、皿洗いのみでしたが、
すぐに、サラダや簡単な前菜の調理、
翌日に出すドリアやグラタンの下準備など
まかされるようになりました。

それまで料理をまったくしたことがなく、
しかも、ぶきっちょなため苦戦しましたが、
先輩スタッフに励まされながら
がんばってやっていました。


そう、思い出すのも恐ろしい
あの日」がくるまでは…


入店して2ヶ月近くたった頃。

ピザの調理の練習をすることになりました。

これがぶきっちょのわたしにとって
非常に難しいものでした。

なかなかキレイな丸型にできないんです。
何度、練習してもなかなかうまくなりませんでした。

しかし、練習開始して1週間ほど経ったある日。

店長ピザ、今日からお前に全部まかせようと思うから

ひえーっ!(((( ;゚д゚)))
ぼく、まだとてもお客さんに出せるようなピザ作れません!


店長大丈夫大丈夫。本番を経験して、うまくなってくもんだから。まずは場数をふまなきゃな

いや、ほんとにやばいですって。。(;´Д`)


不安な気持ちのままピザ担当となり
数日後、事件はおきた。

それは、休日のランチタイム。
店がいちばん混雑する時間。

店長「お客増えてきたから!もっと急げ!早くしろ!

店長の叫び声がいつも以上に大きい。

ここで失敗したら許されないぞ。。がんばらなきゃ

なさけない話ですが、
わたしは、急かされることや
緊張感が大の苦手で、
プレッシャーにめちゃくちゃ弱いタイプなのです。

このときも、気持ちがあせり
乱れてきているのが自分でもわかったので、

落ちつけ、落ちつけ。。
集中するんだ。失敗しちゃダメだ。。


と心のなかで自分に言い聞かせていました。


しかし、わたしのあせりは
収まることを知らず、
とんでもないミスをおかすことになります。

卵をのせるピザの注文が入りました。

通常、ピザ生地に
チーズや具材、生卵をのせて、
ピザ窯で焼き完成なのですが、

あわてているときのわたしは、
自分が何をしているのか
わからなくなる瞬間がありまして、、

なぜか、ピザ生地に
チーズや具材をのせて、ピザ窯で焼き、
そのピザに生卵をぶっかけて
ホール担当の店長に手渡してしまいました。。('A`|||)


すると、店長はほとんど表情を変えることなく、
シュンッ!
わたしが作ったピザをフリスビーのように投げ飛ばしてきました。

きれいに回転して飛んできたピザは
わたしの胸元あたりにバフッと当たりました。

やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

すごい速さで、肩を怒らせた店長が
ピザ調理場に入ってきます。

無言でわたしのふくらはぎの辺りをキック!

ぐぉっ!Σ(゚д゚;)

店長「クビだ!今すぐ出てけ!!

店長は肩を怒らせたまま
自分でピザを作り始めました。


わたしは頭が真っ白になってしまい
何も言うことができず、
そのままトボトボと店を後にしました。。


□■□■□■□■□今回の教訓□■□■□■□■□
人には向き不向きがある。できないことはできない。

このとき、わたしは二度と飲食業には
関わらないことを心に決めました。



明日は水曜日なので
ちゃむさんのエッセイ漫画の日です

マンガ「夫の異変」

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

★前回のエッセイ漫画はこちら
マンガ「辞めたくても辞められない。。」
★最初から読む方はこちら
マンガ「フリーターとは結婚できない!」



このマンガは過去の話です

「夫の異変」

20170704212218146


20170704202434516


20170704201110321


20170704204325400




妻です
ブログを見てくださり、ありがとうございます!


今回のブログは
少し暗めですみません


ストレスでお腹を下しつづけ
へろへろで家に帰ってくるペンさん

ペンさんは、今日あったことを家で話すことで
オフモードに切り替えるタイプでして
(もちろん、会社内の機密に関しては話しません)

帰ってきてからのおしゃべりは
普段はとっても楽しいのですが。。


この頃は、
仕事中のつらかったこと
からだの不調

マイナスワードがシャワーのように降りかかり
わたしも、励ます言葉がみつからず
ただ話を聞くだけで精一杯でした


そんなある日、
ペンさんが 急にワッと泣き出し
いつもとの変化に大あわて


なんだか、ペンさんが変かも。。

やっと、わたしもペンさんの不調に
向き合うきっかけになりました


★このマンガのつづきはこちら
マンガ「ペンさん、内科へ行く」



大手メーカーの工場での悲劇 ~労災篇~

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



どうも、夫です(・∀・)

当ブログにおこしいただき、
ありがとうございます。

今回は、夫の歴代仕事ふりかえり
シリーズ(?)第2弾。

第1弾はこちらこちら


新卒で入社したハイパーブラック企業を
光の速さで辞めたわたしは、

ほぼブランクなしで
だれが聞いてもわかる“大手メーカー”の工場に
契約社員としてもぐりこむことに成功。


仕事内容は、溶剤を運んだり投入したりする
肉体労働+PC操作のデスクワーク
という感じでした。


わたしの仕事は50代の男性社員と
ふたりで行っていました。

この男、けっこうなクセモノで

●「お前は四大を出て、
契約なんてやってるとは情けないやつだな


●「お前は頭も悪いし、力もないしダメなやつだな

●「今でこそお前しかいないが、俺はかつて
20人もの部下をもっている上長だったんだぞ


とか、こんなことを一日中言ってました。

まぁ一言でいえば、
イヤなおっさんなのですが(笑)、

前の会社に比べれば、
福利厚生もはるかに良かったので、
おっさんくらい我慢しなきゃなー
と思っていたのです。


ところが、わたしはこの会社を
たった6ヶ月で去ることになります。

ある日、悲劇は起こりました。


約30キロある溶剤の入った缶を複数、
手で移動させなくてはいけなかったのですが、
わたしは両手で1缶を運んでいたら、

おっさん「お前は、へっぴり腰で情けないなぁ。
俺ならそのくらい2缶いっぺんに運んじまうぞ


と言われ、

ムッときてしまい、
「おれだってやってやらい」と思い、
いっぺんに2缶(総重量60キロ)を持ち上げた瞬間…

グキッ

腰に激痛が走りました。

それでも、溶剤の缶を落とさないように
ゆっくり運び、作業を終えました。


しかし、何時間たっても激痛はおさまらず、
歩行だけでも痛みがともない、
腰の曲げのばしもまともにできなくなりました。

もはや完全にじじいペンギンです。


業務中に発生した事故だったので
労働災害」ということになりました。

工場では、再発防止のため
どのような状況で事故が起きたのか
おっさんに確認していました。

おっさん「重量物の運び方についても
指導していたのですが、彼が指示を聞かず、
勝手な行動をしてケガをしました



えーーーー‼‼‼‼‼‼‼‼(((( ;゚д゚)))

いや、ムキになってやったのは
おれだけども!

あんた、あおってたやんけ!!!


こうして、わたしは
労働災害を起こした責任として
契約の更新なく、
半年間で任期満了ということになりました。。


□■□■□■□■□今回の教訓□■□■□■□■□
あおられても、ムキになるべからず。
キレて得することはなし。


ちなみに腰の完治まで半年かかりました。。
みなさんも、お気をつけくださいませ。


明日は、月曜日なので
ちゃむさんのエッセイ漫画です