映画評論家ぶったフリーダム夫とその妻の生活

夫による映画を中心にしたエンタメ記事やコラム、 妻によるエッセイ漫画を掲載。

新作映画レビュー『ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~』(オンライン試写会)

★レビュー以外の映画記事はこちら
わたしの少年時代と共に歩んだ映画たち
きみは映画監督・原恵一を知っているか
名作映画を大スクリーンで!【午前十時の映画祭】
子どもの映画館デビューの映画の選び方


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。
今回が第2回。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介する作品はこちら!

622f60df12d4fc2f

ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~


フランス発のコメディ映画。

父・母・娘・息子・祖父の5人で
新車に乗って、楽しい家族旅行へ。

しかし、なぜかブレーキが故障してしまい、
新車は制御不能に!
160㎞の速度でハイウェイを大暴走!


オンライン試写会で一足早く鑑賞しました。


疾走感が半端じゃない!

エンジン全開!
フルスロットル級のバカバカしさ!
文字通り、ノンストップの90分間!

このスピード感と緊迫感は、
ほかのコメディ映画にはない迫力でした。

出てくるキャラクターがみんな
能天気というか、おバカ(笑)

内容に関しては、予告編がすべて。
それ以上でもそれ以下でもないです。

なので、予告編を観て
おもしろそうだと思った方は
確実に楽しめると思います。

逆に、予告編を観て
「うーん…」と思った方は回れ右で
ほかの映画を観に行ってください(^-^;


おバカな笑いと派手なカーアクション。
難しいことは何も考えずに
頭を空っぽにして楽しめる作品です。

小さな子どもでも楽しめるので
家族連れで観に行かれるのもオススメ(^^)

夏休み、お子さんの洋画デビューにいかがでしょうか?


ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~』は
7月22日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。
映画公式サイト
上映劇場一覧



マンガ「辞めたくても辞められない。。」

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

★前回のエッセイ漫画はこちら
マンガ「フリーターとは結婚できない!」



このマンガは、過去の話です

「辞めたくても辞められない。。」

20170627204728409


20170627205311678


20170627205516702


20170627205850864




妻です
ブログを見てくださり、ありがとうございます!


ペンさんが正社員になり
無事に結婚をすることもできたし
ひと安心。。

と思いきや

日に日にやつれていく、ペンさん


3食ちゃんと食べているのに、
どんどん痩せていきました。。

原因はストレスによる 下痢


もともと胃腸が弱いペンさんは
よく、おなかを壊していたのですが

コールセンターでの
見えない相手からの暴言や
慣れない専門用語

勤務中にトイレへ10回ほど行き

電話が鳴らないひとときにホッとする
→業務にもどり、おびえる

をくり返していたようです。。


心もお腹も痛いなんて、
つらかっただろうな、と思います


わたしは、心も身体もわりと強く
『気合いでがんばる

という気合い信者だったこともあり
ペンさんの気持ちに気づくのが
遅かったのかもしれません


★このマンガのつづきはこちら
マンガ「夫の異変」



ハイパーブラック企業の世界 ~新卒篇~(後編)

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



前回のつづき

ハイパーブラック企業で
ほんとにあったおかしなこと 5選




①会社の組織図がありえない

社員のほとんどが入社1年目の新人。
それから、入社2~3年目の人間が若干名。

あとは、5~6名の重役のみ。

実際に会社を回しているのは大勢のパートさんなのだった。。



②求人票からダマされていた

募集時は、休日が毎週日曜日+公休が月に4日と書かれていたため

「毎週日曜日+平日1日が休みになるんだな」と解釈していたら、

実際は、夏季休暇や年末年始のような大型休暇が存在しないため
公休をためておいて、そういう時期に使うのが通例だというのだ。

つまり、休日は週1なのだった。。



③その週1の休みすらなくなる

わたしが配属されていた部署に
重役がきて、上司Aに一言。

「新人をあまり休ませるな。だれかひとりでいいから洗礼をあたえろ」

わたしの部署は、わたし以外は女性だけだったこともあり、、

上司A「すまない、ペンくん。日曜もきてくれ…」

ぼくですかぁ!!!!!!ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


…こうして、入社すぐに14連勤となった。



④もちろん、残業代はでない

タイムカードを押すことに関しては、
とくに厳しく指導された。

定時になったら、
急いでタイムカードを押すこと。

そして、仕事場にもどって
残業をすること。

…む、なにかおかしいぞ(~_~)


1度、定時にタイムカードを押し忘れて
仕事を続けていたことがあった。

ハッ(゜ロ゜)と気づいたときには、もう遅い。

激怒された。

上司B「いいか!タイムカードっていうのは
大事な給料の管理なんだよ!ぜったいに忘れるな!
いいな!わかったら仕事に戻れ!」

そうですよね…すみません。。
仕事にもどります( ω-、)

…って、いやいやいや!
おかしいだろ!!(゜ロ゜ノ)ノ

大事な給料なら、残業代もちゃんとくださいよー!



⑤上司Aが突然の異動

ある日突然、上司Aが
「今日で異動になることになりました。お世話になりました」

ずいぶんと急な話で、みんなビックリΣ(=゚ω゚=;)

あとから事務の人に聞いた話だったが、
厳密には異動ではなく、解雇だった。

上司Aはある程度の役職にもつき、
昇給もしていたため、
解雇して、遠方のグループ会社に
新入社員として入社させたというのだ。

もちろん、給料も新人と同じように下がるというわけ。

うーん、ハイパーブラック( ´,_ゝ`)


しかも、引越し費用も自前だったらしく、
引越しに必要な休暇は、「公休」を使わされたという。。




いかがでしたでしょうか。

わたしが新卒で入ってしまった
ハイパーブラック企業について
2回連続でお話させていただきました。

ここでお話した以外にも
おかしなことはいっぱいあったのですが、
キリがないので、厳選して紹介しました。


今、就職・転職活動しているみなさん!
くれぐれもハイパーブラックにはお気をつけください。

求人票にあいまいな表現、
ビミョーな表記がないか
よ~くチェックしてから面接にのぞんでください。

あなたのすぐそばにも
ハイパーブラックの世界は
ひそんでいるのかもしれません。。( ̄ー ̄)