映画評論家ぶったフリーダム夫とその妻の生活

夫による映画を中心にしたエンタメ記事やコラム、 妻によるエッセイ漫画を掲載。

2017年08月

お知らせと宣伝

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


どうも、夫のペンです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!


本日はお知らせです(・∀・)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
Twitterもやっております!



映画関連のツイートを始め、
ブログの更新のお知らせ、ちゃむさんの手料理などの写真をアップするときもあります

基本フォロバしてますので、Twitterのアカウントをお持ちの方は
是非!是非!フォローしていただけると嬉しいです



また、ブログの更新のお知らせをLINEで受け取ることもできます!



更新と同時にLINEが送信されますので、
新しい記事をすぐに読むことができます
よろしければご登録くださいませ('▽'*)




最後にちょこっと宣伝です。
友人もブログをやっているので、紹介させていただきます。
6割くらいが本当にあった〇〇な話
シュールな笑いのギャグブログですw
よかったら遊びに行ってみてください(^^)


ではでは、本日は短いですが、これにて!
明日はちゃむさんのエッセイ漫画の新作更新ですよ~
お楽しみに

マンガ「あなたの口はどんな口?」

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

★前回までのエッセイ漫画はこちら
マンガ「ダジャレを言うのは誰じゃ!」
マンガ「いかつくなりたい!」
マンガ「にじみ出るオトコ」



「あなたの口はどんな口?」

20170830094958448


20170830103413518


20170830094618780


20170830095254882


20170830095408203


20170830100009490




妻のちゃむです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

自然にアヒル口になっている人って
可愛らしいですよね

口角がクルンッと上がっている感じは
藤子・F・不二雄さんや藤子不二雄Aさんの
マンガのキャラクターのようでもあります

アイドルや中性的な俳優さんに多いイメージです


ペンさんは
くちびるが薄くて、上くちびるが少しとがり気味

アヒル口じゃなくて、こんな形だよ!

と書いて見せたのですが、、
この形の口って、、

水木しげるマンガによく出てくる口だー!!


ふたりでしっくりきて笑いました


マンガ家さんってすごいですよね

自分で描いてみて(マンガとも呼べないほどですが)
想像できないほどの大変さに
パラパラ~っと流し読んでいたのが
申し訳なくなりました

今度からは
マンガもじっくり見てみようかな~



明日はペンさんの担当です



なつかしのラミネート下敷き

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


前回わたしが書いた記事
なつかしの田舎の映画館あるある
ラミネート下敷きについてお話しました。

<ラミネート下敷き>……本来、無料配布される映画のチラシをラミネートして下敷きとして販売したもの。
昔、田舎の映画館では定番アイテムだった。現在販売している映画館があるかは不明。
詳細は前回の記事を読んでちょうだい。



今回は、わたしが少年時代に地元の映画館で買った
ラミネート下敷きコレクション を公開したいと思います。

今日、実家まで行って引っ張りだしてきましたよ(笑)

IMG_20170829_133205

もっとたくさんあったんですが、捨ててしまったものもあったので
残っていたのはこの12枚が全てでした。

一応、左上から公開順に並べてみました。

『ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)/ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?』
『映画 忍たま乱太郎/トイレの花子さん/はむこ参る!』
『ドラえもん のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記/ザ・ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!』
『ドラえもん のび太の南海大冒険/ザ・ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!/帰ってきたドラえもん』
『ズッコケ三人組 ―怪盗X物語―』
『踊る大捜査線 THE MOVIE』
『ドラえもん のび太の宇宙漂流記/ザ・ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?/のび太の結婚前夜』
『ドラえもん のび太の太陽王伝説/ザ・ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!/おばあちゃんの思い出』
『ドラえもん のび太と翼の勇者たち/ドラミ&ドラえもんズ 宇宙(スペース)ランド危機イッパツ!/がんばれ!ジャイアン!!』
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
『ハリーポッターと賢者の石』
『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL/忍風戦隊ハリケンジャー  シュシュッとTHE MOVIE』


圧倒的にドラえもんが多いですねー(*^^*)


しかし、写真だと普通にチラシを並べただけに見えてしまいますね。。

一枚アップで写してみましょう。

IMG_20170829_133508

これでもわかりにくいかな?

IMG_20170829_133602

角をアップにするとわかりやすいですね。
透明のフチがあります。


少年時代はなぜかこのブラックな商品(笑)に魅力を感じ、コレクションしていました。
まぁ今も映画のチラシの収集はしているので、子どもの頃から全然変わってないですね。。笑

以上、なつかしのラミネート下敷きコレクションでした!
今回はオチも何もなくてスミマセン。。笑

明日はちゃむさんの更新ですよ


★その他の映画記事はこちら
わたしの少年時代と共に歩んだ映画たち
きみは映画監督・原恵一を知っているか
名作映画を大スクリーンで!【午前十時の映画祭】
子どもの映画館デビューの映画の選び方
今こそ観るべき!夏を感じる「夏映画」オススメ5選



【妻】ペンさんを夫に選んだ3つの理由

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


妻のちゃむです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

今日は、いつものマンガではなく

<どうしてペンさんに選んだか>

について書いてみたいと思います


「選んだ」なんて書くと、なんだか えらそうですが。。

人生は すべて自分の選択でつくられている

転職が多かろうが
仕事が苦手だろうが
ペンさんを夫に選んだのはわたしなのです



では、お付き合いくださいませ


1.お酒・タバコ・ギャンブルをしない
17-08-27-22-13-53-212_deco


これは、わたしにとって最低条件でした
当てはまる人は恋人候補からでも一瞬で外れます

わたしの父も祖父も酒豪でしたが、、
母も祖母も、いつまでも片付かないテーブルに
苦戦していたようにみえました

わたしはお酒は飲めないため
食事しながらゆったりした夫婦の会話
夕飯後に一緒にデザート
そんな平和な生活を夢みていました



2.基本的に怒らない・おだやか
17-08-27-21-57-16-808_deco


わたしが末っ子だからでしょうか、、
いや、ワガママな性格のせいでしょう
怒られる&威張れるのがニガテです

それとは別にしても
「まったく、これだからちゃむはダメだな~
と愛をもって言われるよりも

ちゃむはすごいね、えらいね!
というペンさんのストレートな褒め方は心があったまります

男性の後ろをついていきたいタイプ
並んで歩きたいタイプ
自由にさせてほしいタイプ

いろんなタイプの人がいて面白いですよね



3.お金の出入りにうるさくない
17-08-27-22-04-37-951_deco


これは、価値観の問題ですかね

わたくし、ちゃむは、、

◎家計の管理大好き!!
◎貯金大好き!!!
◎お金使うのも大好き!!!!


というナゾな性質でして


将来のことも考えつつ
一生懸命 貯めたお金を楽しくつかって生きたい

だっていつ死ぬかわからないんだもん

というワガママな考えを受け入れてくれて
いっしょに美味しいものを食べたり
おしゃれを楽しんだりしてくれる

家計に興味がなく、ほとんど任せてくれるペンさんは
わたしにはピッタリな相手でした


書き上げてみると平凡なことばかりですが

バリバリの仕事人間ではなく
おだやかでいつも側にいてくれるタイプの人を
わたしは選んでいたんだな~と思いました


もっとしっかりしてよー
と不安になることも多々ありますが(笑)

文句を言う前に
ワガママなわたしを丸ごと受け入れてくれている
ペンさんのことも思い出すようにします

これからは、、



読んでくださり ありがとうございました!

明日はペンさんの担当です



なつかしの田舎の映画館あるある

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



20170824210452262

どうも、夫のペンです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

みなさんの地元の映画館はシネコンでしょうか?

わたしの地元の映画館もシネコンなのですが、
子どもの頃は、東宝や東映の映画館、洋画を主にかけてる映画館とか
昔ながらの劇場がいくつもありました。
しかし、わたしが中学生の頃に地元にシネコンができて
そこから程なくして、すべての劇場が閉館となりました。

時代の流れとはいえ、寂しいものです。

もちろん、今はわたしもシネコンユーザーなのですが
子どもの頃の思い出の中にある古びた映画館は
レトロ感とか味わいがあっていいものでした。


さて今回は、そんなわたしの記憶にのこっている
「なつかしの田舎の映画館あるある」
をご紹介したいと思います。


あくまで、わたしが育った田舎にあった映画館での話です。
人によっては全然あるあるじゃないかもしれませんが、ご了承ください




建物が古い

これは基本です。
わたしがかつてよく行っていた劇場も
昭和30年代から同じ建物だったそうなので当然のように古かったです。
幼いころは、映画館はちょっとガタがきてるのが普通だと思ってました(笑)

もし、今のシネコンしか知らない10代の子とかが見たら
「古くさ!」って言われちゃうと思いますけど、
あのレトロ感に味があったんですよ

たまに、古いミニシアターとかに行くと
同じ雰囲気を感じられて、ちょっと嬉しかったりします(^^)



従業員に若者はいない

これも古い映画館ならでは。従業員は中年~ご年配。
わたしは子どもの頃、映画館で働く若者なんて見たことなかったですから(笑)

チケット売り場とパンフレットやお菓子売り場に
おばちゃんが2~3人いて
あとは、映写技師のおじさんが1人いたような記憶があります。



映画はフィルム上映

先に映写技師さんの話題が出てきましたが、
わたしの子どもの頃はまだフィルム上映の時代でした。
映写技師さんが映写室で映写機を操作して上映されているんですよ。

スクリーンの映像にフィルムのホコリが映って、黒い丸い点がたまに出てきたり
“ポツッ”って音がしたりしました。
(フィルム上映を観たことがある方は分かりますよね!?)

たまにロビーにいるときに映写室の扉が開いて
中がチラリと見えたりしたときは嬉しかったものです。

あの中に入ってみたいなぁ

映画をかけるおじさんは、いつも映画がみれてうらやましいなぁ。
あ、でも、おなじ映画を毎日みてたらあきちゃうかな?


とか考えてました(笑)



混雑時は立ち見になる

今の映画館では、全席指定が普通ですが、
昔の田舎の映画館では、どこも自由席が普通でした。
しかも、入場制限はありません
混雑時は立ち見が出るのが普通でした。

わたしも幼いころに行ったドラえもんの映画で、通路の階段に座って観た記憶があります (´▽`)



予告編上映前に地元の店のCMとニュースが流れる

これ!これ!分かってくれる方、いますよね?
わたしがよく行ってた劇場では、
地元のパチンコ屋や商店のCM→ニュース→予告編→本編
という流れで上映されました。

ニュースは「〇〇市でこんな催し物が開催されました」とか「防災訓練が行われました」とか
そんな平和なニュースが流れます(笑)

けっこうニュース観るの好きだったんですよね(´∀`)笑
現在はニュース映画自体制作されていないそうなので
今では全国どこの映画館へ行っても観ることはできません。ちと寂しい

まぁ、もともとテレビがない時代からの名残だったようですから、
インターネットも普及している現代ではまったく不要なんでしょうね。。



ラミネート下敷き

今回いちばん話したかったやつなんですよ!
ラミネート下敷き!
これは、おそらく田舎の映画館でしかないやつだと思います。

これね、本来 無料配布される映画のチラシをラミネートして
下敷きとして販売
されていたんです!

値段は劇場によって異なっていて、250円のところと300円のところがありました。

お金を払わなければ、チラシが手に入らなかったんです(笑)

しかも、作品によっては公式グッズとして
ちゃんとした下敷きがラインナップされていても
それは仕入れず、ラミネート下敷きを販売するという徹底ぶりww

今思えば悪質な商売なのですが(笑)、
なぜか子どもたちには、この下敷きが大人気でした。

ただ、子ども心に

なんで、映画の下敷きはフチが透明になってるんだろう?

なんで、下敷きに○月○日公開って書いてあるんだろう?
映画が公開されてるから、これを持ってるのに。。


といくつも疑問は感じていましたσ(^_^;)笑


これがあれば自宅でラミネート下敷きが作れます!
けっこういいお値段ですがw

  



売店のお菓子やポップコーンが…

今の映画館は、できたてのポップコーンやホットドッグが販売されていますが、
昔の田舎の映画館では、スーパーとかで売られてる普通の袋菓子が売られてました。。笑
もちろん割高でw

ただ、飲食物の持ち込みも自由だったので
映画館の中で買ったことはありませんでした。

ポップコーンもこれが売ってました。




というわけで、今回は「なつかしの田舎の映画館あるある」をお送りしましたが
共感いただけた方はいらっしゃいましたでしょうか。

ある一定の年齢以上の方なら
共感してもらえるんじゃないかなと期待して書いていました(笑)

また、シネコンしか行ったことがない若い方にも
昔ながらの映画館やフィルム上映に興味を持ってもらえたらな…と思います。

オススメの古い映画館がありましたら、
ぜひコメントなどで教えていただけたら嬉しいです


では、今回はこれにて。
明日はちゃむさんのエッセイ漫画の新作更新です。



★その他の映画記事はこちら
わたしの少年時代と共に歩んだ映画たち
きみは映画監督・原恵一を知っているか
名作映画を大スクリーンで!【午前十時の映画祭】
子どもの映画館デビューの映画の選び方
今こそ観るべき!夏を感じる「夏映画」オススメ5選