★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



どうも、夫です(・∀・)

当ブログにおこしいただき、
ありがとうございます。

今回は、夫の歴代仕事ふりかえり
シリーズ(?)第2弾。

第1弾はこちらこちら


新卒で入社したハイパーブラック企業を
光の速さで辞めたわたしは、

ほぼブランクなしで
だれが聞いてもわかる“大手メーカー”の工場に
契約社員としてもぐりこむことに成功。


仕事内容は、溶剤を運んだり投入したりする
肉体労働+PC操作のデスクワーク
という感じでした。


わたしの仕事は50代の男性社員と
ふたりで行っていました。

この男、けっこうなクセモノで

●「お前は四大を出て、
契約なんてやってるとは情けないやつだな


●「お前は頭も悪いし、力もないしダメなやつだな

●「今でこそお前しかいないが、俺はかつて
20人もの部下をもっている上長だったんだぞ


とか、こんなことを一日中言ってました。

まぁ一言でいえば、
イヤなおっさんなのですが(笑)、

前の会社に比べれば、
福利厚生もはるかに良かったので、
おっさんくらい我慢しなきゃなー
と思っていたのです。


ところが、わたしはこの会社を
たった6ヶ月で去ることになります。

ある日、悲劇は起こりました。


約30キロある溶剤の入った缶を複数、
手で移動させなくてはいけなかったのですが、
わたしは両手で1缶を運んでいたら、

おっさん「お前は、へっぴり腰で情けないなぁ。
俺ならそのくらい2缶いっぺんに運んじまうぞ


と言われ、

ムッときてしまい、
「おれだってやってやらい」と思い、
いっぺんに2缶(総重量60キロ)を持ち上げた瞬間…

グキッ

腰に激痛が走りました。

それでも、溶剤の缶を落とさないように
ゆっくり運び、作業を終えました。


しかし、何時間たっても激痛はおさまらず、
歩行だけでも痛みがともない、
腰の曲げのばしもまともにできなくなりました。

もはや完全にじじいペンギンです。


業務中に発生した事故だったので
労働災害」ということになりました。

工場では、再発防止のため
どのような状況で事故が起きたのか
おっさんに確認していました。

おっさん「重量物の運び方についても
指導していたのですが、彼が指示を聞かず、
勝手な行動をしてケガをしました



えーーーー‼‼‼‼‼‼‼‼(((( ;゚д゚)))

いや、ムキになってやったのは
おれだけども!

あんた、あおってたやんけ!!!


こうして、わたしは
労働災害を起こした責任として
契約の更新なく、
半年間で任期満了ということになりました。。


□■□■□■□■□今回の教訓□■□■□■□■□
あおられても、ムキになるべからず。
キレて得することはなし。


ちなみに腰の完治まで半年かかりました。。
みなさんも、お気をつけくださいませ。


明日は、月曜日なので
ちゃむさんのエッセイ漫画です