★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


妻です
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

今日はエッセイ漫画はお休みです

代わりに主婦であるわたしが管理している
生活費について
お話したいと思います!


友達にも聞きづらいお金の話

こんな風にやりくりしてます~

という特に役に立つ情報のない
独り言でございます


こちらは個人差がかなりある話のため
正解なんかはないですが。。
ひとつの目安としてかるく見てください




まずは
★ペンさんが正社員で働いていた結婚当初★
↓ ↓ ↓

夫 ペンさん 26歳 月給 18万円 (8時間勤務)
妻 ちゃむ  25歳 月給 10万円 (6時間勤務)

家:アパート (2DK) 家賃+駐車場 61000円

軽自動車 1台所有
ボーナス  夫:なし 、 妻:年2回



上記を見て、感じることは様々だと思います

わたしはこの頃は

子どもがいないうちは、余裕あるな~
でも、決して多くはないから貯金もしなきゃ!

という感覚でした


なにせ、ふたりともお酒も飲まず
お金がかかる趣味もなく
家が大好きで
たまの贅沢は遠出デート+外食

貯金も少しずつできるだけの余裕がありました


そのころの
ざっくりとした出費の内容です

電気 約2500円 (冬は約3500円)
水道 約5000円 (2ヶ月分)
ガス 約6000円 (冬10000円)

食費  32000円
雑費  20000円
遊び  15000円
病院など 5000円
スマホ代 18000円 (iPhone 2台)

おこづかい
 夫  30000円
 妻  30000円


おこづかい。。
収入のわりには多めですかね?

プレゼントを交換したりするイベント前だと
40000円に増やしたりしてました(笑)

せっかく働いているのに
自由に使える額が少ないと
夫婦のいざこざが増えるかな?と思い
他の家庭の平均がわからないまま設定しましたが。。


わたしの家計簿の問題点は
外食費まで「雑費カテゴリー」にいれていて
もはやなんでもアリなざっくり計算。。

「食費カテゴリー」は金額をキープして
やりくりしてる感を出したいんですよね。。
誰にも見せない家計簿で見栄をはる意味

みなさんはどのように計算しているのでしょうか



次に
わたしが6時間勤務から4時間勤務になり
お給料が減ったことで実践した
節約をご紹介します




まずは
★勤務時間変更後のお給料公開★
↓ ↓ ↓

夫 ペンさん 28歳 月給18万円 (8時間勤務)
妻 わたし  27歳 月給7万円 (4時間勤務)

マイナス 3万円となりました


よって実践した節約ですが
とっっても簡単で
紹介するまでもないかもしれません




①スマホをiPhoneから格安スマホへ

iPhoneにこだわりがあるわけでもなく使っていて
料金が高いな~と思いつつ放置していました。。

たまたまお得なキャンペーンで乗り換えることができ

2台で18000円 → 6000円

なんと3分の1になりました、、、
しかもiPhoneより使いやすい、、、
今までの出費を後悔しました


②おこづかいを減らす

収入が減ったら、当然ですね
私が短時間になったのに
夫のおこづかいも減らさせてもらいました、、

2人で月60000円 → 月40000円



以上の節約で
お給料が減った分のフォローができました


こんな簡単な節約
とっくにやってるわ!!
という方も多いと思いますが

毎日の光熱費やちまちました出費を削ると
わたしはストレスをためるタイプなので。。
一気に減らせる出費を狙って迷いなく変更する
という作戦にしています


まずは、なんの出費が多いのか?
の把握が大事ですね

これからもがんばりまーす