★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



20170824210452262

どうも、夫です(・∀・)
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

昨日は、仮面ライダーの映画のレビューをしましたが、
今回は、子どもの映画館デビューと映画の選び方についてお話していきたいと思います。


今までブログを見ていただいている方はお分かりかもしれませんが、
わたくしペンは、映画に関しては完全な雑食。
邦洋問わず、ジャンル問わず、ファミリー向け作品もシニア層が多い作品も観に行きます。

なので、映画の客層、映画館での子ども達の反応も知っていますので
これからお子さんを映画館デビューさせたい!
というお父さんお母さんに役立つ内容だと思います。
ぜひ参考にしてみてください(^^)



■何歳で映画館デビューすればいい?

これは、お子さんによって違ってくるとは思うのですが、
平均3~4歳で映画館デビューさせるご家庭が多いようです。

映画館の入場料も3歳以上から設定されています。
幼児料金は、900~1000円。

※3歳未満は無料ですが、膝の上での鑑賞が条件になります。

つまり、3歳がひとつのラインになってくるわけですね。


■3歳未満のお子さんの映画館デビュー

個人的には3歳での映画館デビューも早いなって思うんですが、
どんなに早くても、ある程度楽しむためには
2歳にはなっていた方がいいと思います。

では、早めの3歳未満での映画館デビューをさせる場合
どういう作品を選ぶべきか考えていきましょう。

子ども向けの作品といっても幅が広いですよね。
幼児~小学生くらいが観る作品もあれば、
小学生~中学生くらいが観るものものもあります。

わたしのオススメとしては、3歳未満なら
完全に幼児向けの作品がいいと思います。

それいけ!アンパンマン
しまじろう
きかんしゃトーマス

こういった作品ですね。

子どもたちにはおなじみのキャラクターなので
親しみやすいと思いますし、
どの作品も上映時間が1時間前後で設定されているので
子どもの集中力も持続しやすいです。

また、観客の多くが幼児なので
泣き出したりぐずったりしても、そこはお互いさま。
ほかの映画よりは気を使わずにすみそうですね。


注意点としては、
こういった幼児向け作品は、2歳から入場料が発生します。
前述の作品以外でも『ウルトラマン』も2歳から入場料を取るようです。


■3~5歳(幼稚園)での映画館デビューの場合


このあたりの年齢になってくると
お子さんの好みもハッキリしてくると思います。
もうそろそろガッツリ幼児向けじゃなくても
小学生くらいのお兄ちゃんお姉ちゃんも観る映画でも
行ける頃だと思います。

作品の選択肢も広がってくると思いますが、
デビュー作としては

かいけつゾロリ
ウルトラマン
プリキュア
スーパー戦隊シリーズ

このあたりをオススメします。

これらの作品の観客には小学生もいますが
高学年(5~6年生)は少ないようです。
ストーリーの難易度としては
アンパンマンやしまじろうより上、
ドラえもんやポケモンより下という感じです。



■最後に

映画館デビューは一生に一度。
せっかくなら、楽しい思い出にしてあげたいですよね。

お子さんの好きなキャラクター、
楽しめそうな作品を選んであげて
親子ですてきな時間を過ごしてください☆

それでは(^^)/~~~