★レビュー以外の映画記事はこちら
わたしの少年時代と共に歩んだ映画たち
きみは映画監督・原恵一を知っているか
名作映画を大スクリーンで!【午前十時の映画祭】
子どもの映画館デビューの映画の選び方


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!

images (48)

奥田民生になりたいボーイと
出会う男すべて狂わせるガール



『モテキ』の大根仁監督作。

奥田民生に憧れる33歳・コーロキ(妻夫木聡)は、出版社勤務の編集者。
ライフスタイル雑誌編集部に異動になったばかりで慣れない仕事に苦戦している。
そんなある日、仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかり(水原希子)に一目ぼれ。
勢いで告白してしまうが、あかりは交際をあっさり快諾。
有頂天になるコーロキだったが、
自由奔放すぎるあかりに振り回される地獄の日々が始まるのだった。
果たしてコーロキは奥田民生のような力まないカッコいい大人になれるのか―?!


大根仁監督の世界観全開の作品。
イメージとしては『モテキ』の毒を薄めたような感じ。

大根監督の世界観が好きな方なら間違いなく楽しめます。
ただ、よくも悪くも予告編どおりなので、
期待したものは観られますが期待以上のものは無いとも言えますね。

しかし、妻夫木聡さんの演技の幅の広さには毎回ながら脱帽です。
魔性の美女に振り回される情けない男を見事に演じ切っています。
かっこいい顔立ちのはずなのに、劇中では一切それを感じさせません。

また、水原希子さんもモデルのときの印象とはまったく違う
いかにも男ウケする女性を演じているのですが、めちゃくちゃ可愛いです(笑)

・男の前でのみ甘えるような声
・妙に上目づかい
・さりげなくボディタッチ
・上手い具合に男が喜ぶことを言う
・動作がいちいちエロいw

おそらく男性の大半はこういう女性に弱いと思うんですよね。
コーロキの気持ちが悲しいくらいよく分かります(笑)
あかりの言動に一喜一憂するコーロキが自分のように見えてしまい、
なんだか途中から恥ずかしくなってきました。。笑

おそらくコーロキに共感できる男性はかなり多いと思うので
過去の自分の恥ずかしい姿を観に行くようなつもりで劇場に足を運んではいかがでしょうか。
また、今まさに女の子に振り回されている若い男子は
これを観て冷静さを取り戻すきっかけにして、目を覚ましてください(笑)


『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
本日9月16日(土)より全国劇場で公開
映画公式サイト
上映劇場一覧

映画をより楽しむための関連本はこちらでゲット!
  



★その他の新作映画レビューはこちら
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
『新感染 ~ファイナル・エクスプレス~』
『エル ELLE』
『スパイダーマン:ホームカミング』
『ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~』


Twitterでも映画についてつぶやいています(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪