★レビュー以外の映画記事はこちら
わたしの少年時代と共に歩んだ映画たち
きみは映画監督・原恵一を知っているか
名作映画を大スクリーンで!【午前十時の映画祭】
子どもの映画館デビューの映画の選び方


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!

images (50)

ダンケルク


『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督作。
イギリス・アメリカ・フランス・オランダ合作。

第二次世界大戦初期の1940年。
フランス北端の町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。
兵士たちを救うための民間船を含めた900隻の船舶が救出へと向かう。
しかし、ドイツ敵軍による陸海空の3方向からの猛攻撃が襲いかかる。
果たして、若き兵士たちは生きて帰ることができるのか―。


大ヒット中の超話題作。遅らせばながら、やっと観てまいりました。

映像・音響がすごい!体感する映画だ!と高評価続出しているようですが、
わたしの感想としては、一言に尽きます。

「内容がないよーーーーーう!!!」

冒頭の銃撃戦から興奮させられ、
これはすごいものが観れるぞという期待で胸が高鳴った。

しかし、それがピークだった。

映像の迫力も音響の迫力も序盤こそ興奮したが、
最初から最後まで起伏がなくドイツ軍による襲撃の垂れ流しなので
軍事マニアでもないわたしにとってはかなりキツい時間だった。

「体感型の映画」という声が多いが、それは的を射ている。
たしかに映像と音響の迫力は感じられる。
しかし、中身のドラマがすっからかんなので
せっかく史実に基づいた作品であるにも関わらず、鑑賞後なにも残らない。

今年6月に公開された戦争映画『ハクソー・リッジ』
足元にも及ばない作品だ。


『ダンケルク』は全国劇場で公開中
映画公式サイト
上映劇場一覧



★その他の新作映画レビューはこちら
『僕のワンダフル・ライフ』
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
『新感染 ~ファイナル・エクスプレス~』
『エル ELLE』


Twitterでも映画についてつぶやいています(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪