■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


20171004193441267

妻のちゃむです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!


明日更新~なんて言っていたくせに
完全にペンさん、ブログ更新が適当になりましたね

わたしのブログは下書きしてあるから
あとは編集・公開するだけのに~!

まぁ、需要があるか分からない妊活ブログ
今日こそ続きを更新です

前回の記事はこちら
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その1




結婚式もおわり、特に深く考えず
子どもはいつ出来てもいいかな~なんて思っていました

接客業が長いこともあり
顔見知りのお客様から
結婚したのね!次はこどもね~
なんて言われることもしょっちゅうで

(まるで人生ゲームのコマを進めるみたいな言葉ですね。。
親族であろうと、わたしは絶対言わないようにしています

そのときのわたしは気にすることなく
「そうですね~」と楽しく会話していました


しかし
1年たってもこどもが出来る気配はない

からだの健康に不安がなかったわたしは

色々と調べればできるに決まってる」と
ネットでの知識をあたまに入れまくり
毎朝基礎体温をはかり
きれいに二層になった基礎体温表をながめては

なにがいけないんだ?
なんの問題もなさそうなのに…」と
どんどん焦るきもちが押さえられなくなってきました

自分ではどうしたらいいか分からず
ついに仕事場から近いレディースクリニックに行ってみました


レディースクリニックは
時間や曜日によって待ち時間が異なり
早ければ30分、長ければ2時間近く待ちました

妊婦さんも多いなか
知り合いにあったらどうしよう
周りの人に、不妊治療してるって気付かれてるかな
なんて考えながら
シーンとした待ち合い室で時間をつぶしました

しかし、おじいちゃん先生の診察は10分足らずで
急かされる雰囲気に
聞きたいこともじっくり聞けません。。

あの『パッカーン』なイスに座る診察も
なかなかストレスがたまります

治療と言っても
排卵日付近で通院して、基礎体温や卵胞の大きさをチェック
特に血液検査も、投薬もなく
タイミングの日を指示されるのみでした

半年ほど経ったあるとき
タイミング法のために
この労力を使うのが惜しくなったわたしは
早々にAIH(人工受精)をすることを決断しました


人工受精=ただの精子くん達のワープ
だと説明すると、ペンさんも何の偏見もなく
あっさり協力してくれることになりました

(説明ザツですが。。
意味わからない人はググってください。。)



ちょっと高いけど、AIHに進めば子どもは出来るし通院費をつかうより良いだろう!

AIHは1回 2万円でしたが
さっさと妊娠したい」という気持ちが勝ったのでした


しかし、、

1回目 撃沈

あれ~?おかしいな
まぁ、必ずできる方法ではないし!


2回目 またまた撃沈

4万がぁぁ!!無駄にぃぃ!!!(そっち?)


思い切って挑戦したはずのAIHで
自分の考えの甘さを痛感することになりました



このつづきは
また次回のわたしの更新で


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ペンさん、Twitterもやってます!


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪