■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!

eiga17101801c

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

監督:上堀内佳寿也
脚本:武藤将吾
出演:犬飼貴丈 飯島寛騎 渡辺秀 福士蒼汰 佐野岳 西銘駿


あらすじ
桐生戦兎=仮面ライダービルドらが住む世界に
仮面ライダーエグゼイドの世界に存在する敵・バグスターが出現する。
正体不明の敵に為す術もなくその場に崩れる戦兎の前に
身体の半分が機械化している奇怪な人物が現れる。
謎の男は、並行世界として存在する
エグゼイドたちの世界の地球と
ビルドの世界の地球を時空を越えて激突させ、
二つの世界を消滅させようと企んでいた。
残された時間は、24時間。
消滅へのカウントダウンが始まった。
未曾有の危機にあの戦士たちが駆けつける―。


解説&レビュー
2009年から始まった仮面ライダー冬の劇場版。
「MOVIE大戦」シリーズ(2009~2015)の流れを受けた
新シリーズ「平成ジェネレーションズ」第2弾にして最終作。

前作はエグゼイド&ゴーストを中心に
レジェンドライダー3人を加えた5人編成だったが、
今回はビルド&エグゼイド+4人のレジェンドライダー
(オーズ、フォーゼ、鎧武、ゴースト)を加えた6人編成へ。

さらに、「オーズ」「フォーゼ」「ゴースト」からは
サブキャラクターまで登場するという豪華っぷり。
前作以上の気合いの入れようが伺える。

前作は、冒頭から結末まで戦闘シーンのみの
アクション尽くしの作品でファンを興奮させたが、
ストーリーはあってないようなものだったのが惜しかった。
しかし、今回はその反省が活かされたのか
脚本がよく作りこまれていた。

自然にビルドの世界観、エグゼイドの世界観を
融合させ、レジェンドライダー勢も
ただの顔見せではなく、
その後のドラマをしっかりと描くことで
「あのライダーの世界は今も続いているんだ」と
ファンに感じさせてくれるのだ。

特にオーズ勢はレジェンドライダーのメイン
と言ってもいいポジションで活躍。
わたしはオーズは劇場版シリーズしか観ていないのだが、
アンクとのコンビ復活には思わず涙した。
ファンが観たら、号泣必至の名シーンだろう。

やはり、しっかりとしたドラマがあってこその
映画だと思うので、今回の作品は
極めて満足できる完成度だ。

本作を仮面ライダー冬の劇場版最高傑作と
個人的に認定させていただきます。

ビルドやエグゼイドが大好きな子どもたちも
歴代ライダーを追っかけてきた大きなお友だちも
福士蒼汰ら俳優目当ての女性も
みんなそろって映画館へ仮面ライダーを観に行こう!



『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』は本日12月9日(土)より全国劇場で公開
映画公式サイト
上映劇場一覧


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

■その他の新作映画レビュー(上映中)はこちら
『探偵はBARにいる3』
『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』


Twitterでも映画についてつぶやいています(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪