■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


20171004193441267

妻のちゃむです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

連載記事ちゃむの妊活記録
今回が第6回です

これまでの記事はこちら
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その1
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その2
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その3
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その4
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その5
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その6


※この話は、今から1年半前のことを思い出して書いています

それでは、続きです♪



妊娠6週となってから
しばらく落ち着いていた出血が復活

ある程度の覚悟はしているものの
トイレに行くのが恐怖になり
6週4日でレディースクリニックにかけこみました

エコーでは 1.27㎜と、また1日1㎜成長したであろう胎嚢(たいのう)が見えましたが
この時期見えるはずの卵黄嚢(らんおうのう)も胎芽(たいが)もなく
切迫流産】(せっぱくりゅうざん)の診断書をもらいました

切迫流産とは、出血があり流産になりそうな状態のこと。
それでも特効薬は無く、ひたすら寝て安静にして
子どもの生命力にかけるしか、ありません。。


仕事場にも現状を伝え、急遽1週間ほど休むことに。

年下が多い職場だからか(※アパレルショップです
なんとなく身近じゃなかった「流産」に
ものすごく心配をしてくれて
妊娠にたいして怖がらせてしまったかな?
と申し訳なく思いました


そして、ここに来て
親への報告』という壁もあらわれました

なにが起きるか分からないなかで
両家の親には知らせた方がいいだろうと思い
わたしが死ぬようなことがあったら、、と本気で思っていました
わたしの母とペンさんのお母さんには伝えました

父ズには、自動的に伝わるシステムですねゴメン

妊娠をしたが、継続は難しいこと
仕事を休んで、安静にしていること

わたし自身は心の奥で希望を捨ててはいませんでしたが
親には、期待させることなんて出来ませんでした

本当は、喜ぶような報告をしたかったです。。



このつづきは次回のわたしの更新で


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ペンさん、Twitterもやってます!


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪