■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!

images (1)

シェイプ・オブ・ウォーター

アメリカ映画
監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ
主演:サリー・ホーキンス


あらすじ
1962年。アメリカとソビエトの冷戦時代。
清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。
しかし、研究所で行われていた実験を目撃したことで彼女の生活は一変する。
人間ではない謎の生物となぜか互いに惹かれあい、言葉を超えた愛を深めていく2人。
ふたりの愛はどこへ向かうのか……。


解説&レビュー
先日発表された「第90回 アカデミー賞」で作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞を受賞し、話題沸騰中の作品。

美しい映像。
独創的な世界観。
この作品ならではの魅力を大いに感じました。

特に怪物の造形美が美ごとすぎます。本物の生物にしか見えない。
そして、主人公と怪物の水中でのラブシーンは唯一無二の美しいシーンに仕上がっています。
劇場で堪能していただきたい美しさです。

……と、まずは褒めてみたんですが、結論を言うと、わたしは「好きな映画」ではありませんでした。

技術的に優れた作品だというのは分かります。
芸術性も感じます。

しかし、心に残る作品かというと「…………」となってしまいます。


言うまでもありませんが、わたしはプロの映画批評家ではなく、ただの超凡人の映画好きの一般人なので、映画に対して、どこかしら共感できる部分がある作品を高評価する傾向にあります。

本作において共感できる部分は(個人的に)ほぼ無かったので、技術的な部分以外は評価できるものではありませんでした。

たとえ、アカデミー賞受賞作であっても。



『シェイプ・オブ・ウォーター』は全国劇場で公開中
映画公式サイト
上映劇場一覧


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

■その他の新作映画レビュー(上映中)はこちら
『仮面ライダーゲンムVSレーザー』
『グレイテスト・ショーマン』
『今夜、ロマンス劇場で』


Twitterでも映画についてつぶやいてます(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪