■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


20171004193441267

妻のちゃむです
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

連載記事ちゃむの妊活記録
今回が第8回です

これまでの記事はこちら
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その1
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その2
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その3
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その4
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その5
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その6
ちゃむの妊活記録 ~コウノトリ待ちはつらいよ~ その7


※この話は、今から1年半前のことを思い出して書いています

それでは、続きです♪



両親に切迫流産(せっぱくりゅうざん)であることを打ち明けると

家が近い義母は、本当に優しく気がきくひとで
余計なことは何も言わず、いたって普段通りを装い
おかずを作っては持ってきてくれました

わたしの両親も、遠くから車で来て家事をしてくれたり
甘やかしてもらっては、一人になってから涙をこぼし
仕事から帰ってきたペンさんにも甘やかされるという
ほぼ寝たきりの日々を過ごしていたのですが、、

生理2日目くらいの出血は7日間続き
貧血で意識がもうろうとなることも

わたし、本当に死ぬのでは…?」と怖くなりつつ
少し大きくなったエコー写真を眺めて
ネットで希望をもらえるような話を探し続けました

ペンさんは、わたしのお腹にむかって毎日
大好きだよ、がんばってね」と話しかけてくれました

気がついたら妊娠7週となったころ
出血量もあまりに多く心配で
レディースクリニックへ

エコーを見てもらうと
また少し大きくなった胎嚢(たいのう)1,55㎜
小さすぎるけど、少しずつ大きくなってる

これだけ出血して、よくしがみついてるなぁ

先生は言葉少なく
「大丈夫」とも、「もうダメだ」とも言わず
いつも通りエコー写真をくれました


そこには、今まで見えなかったものが
映っていました



このつづきは次回のわたしの更新で


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ペンさん、Twitterもやってます!


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪