■はじめましての方はこちら
★本日リニューアル★ブログ新タイトル発表!
初の対談「あらためまして、こんな夫婦です。」
当ブログの周り方と更新スケジュールについて


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


17-06-27-16-28-11-221_deco

夫による最新映画紹介のコーナー。

わたしの映画紹介は
ネタバレなしをお約束しますので、
未見の方も安心してお読みください(^∀^)

今回、紹介するのはこちら!

images (1)

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

日本映画
監督:高橋 渉
脚本:うえのきみこ
声の出演:矢島晶子 ならはしみき 森川智之 こおろぎさとみ 関根 勤


あらすじ
しんのすけ達が住む埼玉県春日部市にある中華街<アイヤータウン>で、誰もが一度食べたら病みつきになってしまうという<ブラックパンダラーメン>が大流行。
しかし、そのラーメンを食べた客たちは何故か凶暴化し、暴動を起こすようになる。

マサオの誘いで伝説のカンフー<ぷにぷに拳>を習うことになったしんのすけ達は、一番弟子の玉蘭(タマ・ラン)と共にブラックパンダラーメンに立ち向かう。

果たして、彼らはアイヤータウンの平和を取り戻すことができるのか!?


解説&レビュー
映画クレヨンしんちゃんシリーズ第26作。
監督は同シリーズ『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(2014)、『爆睡!ユメミーワールド大突撃』(2016)の高橋 渉氏。

大人も楽しめるアニメ映画として映画ファンからの支持も高いクレヨンしんちゃんシリーズ。
わたくしペンも子どもの頃から毎年劇場に観に行くファンの一人です。

ちゃむさんといっしょに観に行くようになったのは、まだ独身の初々しいカップル時代の2013年。
バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』からなので、もう2人で行くのも6年目。感慨深いなぁ…と個人的な話はここまでにします


予告編の印象からそこまで期待していなかったのですが(スミマセン)、いい意味で裏切られました。
大人も子どもも楽しめる新たなクレヨンしんちゃん映画の傑作が誕生です。

今回は笑えるシーンがとにかく多い!一切ネタバレしたくないのでギャグの内容については触れませんが、大人が笑えるギャグ満載です。腹筋が痛くなるほど笑ったシーンもあるほどでした(笑)


しかし、笑いだけでなく、実はかなり深いメッセージ性のある作品でもありました。
単純な「善と悪」の戦いではなく、「正義と正義」がぶつかり合うというファミリー向け映画にしてはかなりディープな内容なのです。

子どものケンカでも国家間の戦争でも、互いに「自分が正しい」と思っているもの。
この作品は徹底して暴力を否定し、「自分と衝突する相手も悪ではない。自分と違う他者を認め合おうというメッセージを発信しているのです。

そういう深いメッセージを小難しい説教ではなく、笑いながら感じさせてくれるクレヨンしんちゃん映画のクオリティの高さに唸らせられました。

長々と語っておいてアレですが(笑)、あまり事前情報を入れず、まっさらな気持ちで映画を楽しんでほしいですね
大人も子どもも笑顔になって劇場を後にできるはずですよ(*^_^*)



『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』
本日4月13日(金)より全国劇場で公開
映画公式サイト
上映劇場一覧


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


Twitterでも映画についてつぶやいてます(^^)


LINEで読者登録していただくと、最新記事がすぐに読めますよ♪