映画評論家ぶったフリーダム夫とその妻の生活

夫による映画を中心にしたエンタメ記事やコラム、 妻によるエッセイ漫画を掲載。

恋愛・結婚

【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】初デートのデートコースの決め方

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



どうも、夫です(・∀・)
ブログを見てくださり、ありがとうございます!


今週は、【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】と題して、
わたしたち夫婦のなれそめについてお送りしています。

●前回まではこちら
第1弾 マンガ「なれそめ。ペンさんの第一印象。」
第2弾 非モテ男子必読!ショップ店員と付き合う方法
第3弾 マンガ「なれそめ。初デート。」
第4弾 初デート=映画デートでの映画の選び方


そして、ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク
本日が最終回です。

予定では、ちゃむさんのエッセイ漫画で
締めくくりのはずでしたが、
ちゃむさんが多忙なため、わたしが代打で担当することになりました



というわけで、今回は
初デートにおけるデートコースについてお話していきたいと思います。

image

初デート――
それは、まだお互いをよく知らない男女が
初めてふたりきりで一日を過ごす甘美な時間。

しかし、デートコースのプランによっては、
夢のような一日」になることもあれば、
思い出すのも恐ろしい「悲劇の一日」になることも…

そこで!
初デートコース、どこに行けば上手くいくかって話になるんですが、、

image

そんなマニュアルはなーい!
(どーん)


じゃあ、この記事の意味はなんなんだよ?!
という声が聞こえてきそうですが、
まぁ待ってください。まだ帰らないで


いやね、ネット上に恋愛系コラムって溢れてるじゃないですか。

で、初デートはイタリアンがいい、リーズナブルな居酒屋がいい…
いや、初デートで居酒屋はダメだ。ラーメン屋は論外だとか。
あげくのはてには、「彼がいつも行っているお気に入りのお店に女の子は行きたいようです」ときたもんだ。

おいおい、さっきラーメン屋は論外っつってたろ!
男子のいつも行ってる店なんか行ったら、シャレオツな店になんて絶対ならねぇからな!
それこそ、ラーメン屋になるぞ!覚悟しとけ!


はぁはぁ…(;´Д`)

すみません、言葉が乱暴になってしまいました。。

結局、こういうコラムって言ってることバラバラなんですよね。

しかも、こういうコラムに限って、
~かもしれません
~のようです
みたいな歯切れの悪い言い回しをしてるものが多くて、、(-_-#)

「~のようです」ってどこ情報だよ
と読んでてイラッとしてしまいます

(じゃあ読むなよってツッコミはなしでお願いします

つまり、こういうマニュアル的なものを
そのまんまマネしても上手くいくわけじゃないよってことです。

参考にしても、採用するかはあなた次第。

まぁ、参考にしたプラン+あなたらしさを加えたものが理想的かなとは思いますけどね。



果たして参考になるかは分かりませんが、
ここで、わたしとちゃむさんの初デートコースをご紹介します。

①お昼前に映画鑑賞

②13時過ぎ リーズナブルな和食屋さんで少し遅めのランチ

③ショッピング

④16時頃、カフェで休憩

⑤ショッピング~観覧車

⑥19時頃 インドカレー屋さんで夕食

⑦ここで解散の予定だったが、
もう少し話したい雰囲気になったので、ちゃむさんの地元の居酒屋へ

⑧22時過ぎ 解散


とまぁ、こんな感じでした。
いたって普通ではありますが、お互い楽しい一日を過ごすことができました。


あくまで、わたしの経験談からポイントをまとめると

待ち合わせは、お昼かお昼少し前にした方がいい
女性は化粧や支度に時間がかかります。
あまりに早すぎる集合時間は相手の負担になるのでNG。

映画デートの場合は、映画→食事の順にした方がいい
映画の感想を話題にすれば、会話に困らない。

解散時間は、あまり遅い時間にならない方が無難。
飲みに行くのは、よっぽどお互いもう少し一緒にいたい
という空気感になった場合のみにしておきましょう。


これも、わたしの経験談からのポイントなので正解ではないですよ。

ネットでの情報はあくまで参考にしていただいて、最終的にあなたらしさが出ているプランになるのがいちばんです。
デートってお互いを知るためのものですからね。

では、ぐっどらっく( ´∀` )b


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
明日から通常運行にもどります。
土曜日なので、恒例の映画コーナーです

  
ペンちゃむ夫婦の初デートムービーはこれでした。



【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】初デート=映画デートでの映画の選び方

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



どうも、夫です(・∀・)
ブログを見てくださり、ありがとうございます!


今週は、【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】と題して、わたしたち夫婦のなれそめについてお送りしています。

■前回まではこちら
第1弾 マンガ「なれそめ。ペンさんの第一印象。」
第2弾 非モテ男子必読!ショップ店員と付き合う方法
第3弾 マンガ「なれそめ。初デート。」


昨日のちゃむさんのエッセイ漫画は初デートのお話でしたが、
わたし、デート中に無口だったということも、
別れ際、涙目になってたって話も自覚ないんですよねぇ(笑)

おそらく当時の自分は、無口というより、
クールにキメてるつもりだったのではないかと思われます
結果、クールではなくウブと受け取られていたわけですが(笑)


あと、初デート場所を映画館に選んだのは、
映画好きってのはもちろんあるんですけど、

上映時間中、話さなくていい
映画の後は感想を語り合えば、会話に困らない

といったメリットがあるからです。
よく恋愛コラムなどでも、初デートの定番として紹介されていますね。


ちなみに、初デート映画となった『ツナグ』ですが、
ちゃむさんは映画のセレクトは任せるとのことだったので、わたしが決めたものです。

2012年当時、完全な邦高洋低の時代だったので
無難なデートムービーといったら、邦画だったんですね。
 

ただし、

ど直球のラブストーリーは避けたい
あまりに悲しいストーリーは避けたい 
マニアックすぎる作品は避けたい

と思っていたので、裏を返せば

軽いラブストーリーあり
悲しい涙ではなく、温かい涙
若い女性に人気の俳優が出ている

これが理想になってくるわけです。


で、その条件を満たしているのが、
わたしと妻の初デートをした時代でいうと、
ツナグ』になったわけなんです。


ちなみに…
今、これから公開の映画でデートムービーを決めるとしたら、

※お相手が10~20代女性の場合

東京喰種 トーキョーグール <7月29日(土)公開>
スパイダーマン:ホームカミング <8月11日(金)公開>
トリガール! <9月1日(金)公開>

こんな感じですかね~


もちろん、お相手の好みによってはまったく変わってくると思いますが、
特別、映画好きというわけでもなければ、
誰が観ても楽しめるようなライトな作品にしておいた方が無難です。

これを読んでいる方で、
これから初デートという方がいらっしゃったらご参考までに


さてさて、言うまでもなく映画を観たら終了ではありません。
デートはまだまだ続きます。

明日は、ちゃむさんのエッセイ漫画の予定でしたが、ちゃむさんご多忙につき
明日もわたしが担当します

というわけで、明日はデートコースについてお話したいと思います

ではまた(^^)/
  
ツナグ、いい映画なので未見の方は是非。



【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】マンガ「なれそめ。初デート。」

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



妻です
ブログを見てくださり、ありがとうございます!

今週は、【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】と題して、わたしたち夫婦のなれそめについてお送りしています。

■前回まではこちら
第1弾 マンガ「なれそめ。ペンさんの第一印象。」
第2弾 非モテ男子必読!ショップ店員と付き合う方法


まず、最初に、、
昨日のペンさんブログ

変態さが丸出しのブログでしたね

わたしのことも美化200%
その他のこともオーバーに書かれてるため
不快な気持ちになられた方
どうぞお許しください


そうなんです
ペンさんは
ほんとーーにお調子者でお下品なくせに
外だとキチンとして爽やかに見せる
超がつく内弁慶だったのです

すぐに化けの皮は剥がれましたが(笑)
そんな飾らないペンさんが面白くて
お付き合いすることになり
初デートに行ったときのお話です


20170723181304055


20170723181556781


20170723182001649


20170723182301393


20170723182446195


20170723182925138


20170723183227321




緊張していたのか
ペンさんは最初めちゃくちゃ無口でした

でも、そんなわたし達の緊張をほぐしたのは
映画

さすが映画大好きペンさん
初デートも映画のチョイスでした

タイトルは【ツナグ


わたしは映画のレビューはうまく書けませんが
とても温かい涙が流れるストーリーでした

見終わったあとにお互いの感想を語り合いましたが
気持ちの真ん中が似ているというか。。

まじめな話もふざけた話もできるペンさんは
付き合い当初からしっくりとくる
安心感がありました


楽しい時間はすぐに過ぎて
帰りの電車のホーム

今日はありがとう、またね

と別れようとすると、、
えっ!?目がうるんでいる!?

オトナの男が
初デートの別れ際で涙目

その異様な光景がツボにはいり
わたしは帰り際ずっとニヤニヤしていましたw



おまけ話

その日は雨だったのですが
雨の日はトイレが近くなるらしいペンさん(笑)

わたしにはまだそのことは言えず
ひたすらトイレを我慢していたそうです


ペンさんがデートでの映画をどうやって選んだかは
第4弾 初デート=映画デートでの映画の選び方
をご覧ください。



【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】非モテ男子必読!ショップ店員と付き合う方法

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



どうも、夫です(・∀・)
当ブログにお越しいただき、ありがとうございます!


今週はお知らせした通り
ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】と題して、
妻とのなれそめについて、お話しています。

※前回のエッセイ漫画も合わせてご覧ください。
マンガ「なれそめ。ペンさんの第一印象。」
 

今回は、ちょっとアホなタイトルを付けてみました(笑)
でも、今彼女がいない男子にとって参考になる部分もあると思うので、
フリーの男子は是非読んでいってください。

それ以外の方もヒマつぶし程度にお付きあいください(笑)



※この物語は、あくまで夫の視点と脳内ナレーションで進行します。
ご注意ください。




時は、西暦2012年。

ここは、アパレル店がひしめくショッピングビル。
店員は華やかに着飾った若い女性ばかりだ。

そんな中、ひときわ輝く女性がいた。

可愛らしい小さな顔。丸い大きな瞳。
きれいなロングの茶髪。
常に愛らしい笑顔をたやさず接客している。
年齢は20代前半といったところか。
しかも、あの若さで店長だ。
今日も美しい―。
 
彼女の名は、ちゃむさん

胸に付けている従業員証で
その名前は簡単に知ることができた。

彼女とは、笑顔で挨拶をする仲だ。
ついさっきも「お疲れさまです」と
目を合わせて言葉を交わしたところだ。

ぼくはいずれ彼女と付き合おうと思っている。

え、この変態は誰だって?
冗談はやめてくれ。
ぼくは変態でもストーカーでもない。

ぼくの名はペン。24歳だ。
このビルのアルバイトで清掃員をしている。


今日は、ぼくにとって一大決行の日だ。

夕方5時にバイトが終わるので
上がったらすぐにちゃむさんの店の近くへ。

自然に通りかかった雰囲気をかもし出しつつ、
接客の手が空いた彼女に自然に声をかけ、
ぼくの電話番号とアドレスを書いたメモ用紙を
自然に渡すという寸法だ。

ポイントは、目を見て、笑顔で、爽やかに。
いつも通りのぼくでいくだけ。

ビジュアルの方もOKだ。
数ヵ月前から茶髪にして、最近パーマもかけた。
ぬかりはない。完璧だ。

自分に自信しかない。


なんて考えていたら、あっというまに5時だ。

ちゃむさんの店の近くまできたが、
すぐに声をかけられるわけではない。

彼女がフロア側の店の入口のところまで
出てきたときがタイミングだ。

何故って?考えてもみてくれ。
ここはレディースのショップだ。
このぼくがいくら爽やかにキメたところで
店内に入るのはさすがにやりすぎだ。
それこそ、変態だと思われる。

あくまで自然に「通りかかった爽やかボーイ」。
これがポイント。


あ、、ちゃむさんじゃない店員さんが
手前に来ちゃったぞ。

君じゃないんだ。
ちゃむさんに代わってくれ。

奥にいるちゃむさんも忙しそうだなぁ。。
もう、いっそこの子に渡して
ちゃむさんに伝えてくれってお願いするか…
いやいや、あせるな。
それでは今までの計画が台無しだ。
それに無用な誤解をまねく可能性だってある。

チャンスを待つんだ―――


きた!
店の入口に立つのがちゃむさんに代わった!
待っていたぞ、このときを―!

レディースのショップ階を
10分以上ウロウロしていたが、
そんなことを彼女には感じさせず、
あくまで爽やかにキメてやるぜ!

ちゃむさんに近づく。
ん、なんか歩き方がぎこちないような…
今のぼくは自然だろうか?
まぁいい。あとは自然に話しかけるだけだ。

ペン「あ~お疲れさまですぅ」

ちゃむ「お疲れさまです(^^)」

ペン「あの~今度ほかのテナントのスタッフさんとかも呼んで、飲み会とかやろうと思うんですけど、よかったら来てもらいたいなと思って、えと…(メモ用紙をわたして)よろしければご一報ください」

ちゃむ「あ…はい。ありがとうございます(^^)」

ペン「それじゃ、どうも失礼します」



………ぜんぜん自然じゃねぇ!!!

どういうことだ?!
脳内でのシミュレーションは完璧だったはずだ!
「ご一報」ってなんだ!固すぎだろ!

間違いなく日本一固いナンパであることは確かだ。
このぼくが不覚にも緊張したというのか。。

だがしかし、彼女も悪い反応ではなかったようだし
彼女からメールがくるまでは失敗と決まったわけではないのだ。


その夜―――

スマホの着信音が鳴った。

瞬時にスマホを手に取る。
登録されていないアドレスからのメールだ!

高鳴る胸の鼓動をおさえ、
メールを開封する。

「お疲れさまです(^^)
今日は、アドレス教えてくださってありがとうございました。飲み会やるんですよね?楽しみにしてます」

フ、フフフフフ…
ハハハハハ…
ハーハッハッハ!

計画通りだ……!

いや、喜ぶのはまだ早い。
ここがらが始まりだ。

まずは―――
飲み会のセッティングだ!


第一幕・完




中二病みたいな駄文を最後までお読みいただき
ありがとうございます(笑)

若干盛ってはいますが、
24歳当時のわたしは完全に色ボケしてまして…
だいたいこんな感じの脳内でした。。

しかし、ちゃむさんが誰よりも美しく、
輝いていたというのは
まぎれもない事実です( ・`д・´)キリッ

このときの勇気ある行動をとった
自分を誉めてあげたいですね。

ここでメモを渡さなければ、ちゃむさんと付き合うことも、
ましてや結婚することなんて絶対ありえなかったわけで、
ほんの少しの行動で、その後の人生は大きく変わっていくということを実感したエピソードでもあります。


せっかくアホなタイトルをつけたので(笑)、
今気になる女の子がいるボーイズにアドバイスするとしたら、

女の子の前だけでなく、誰にでも明るい笑顔で挨拶するべし。

仕事や勉強、部活、目の前のことを全力でかんばるべし。
(女の子はけっこう見てるぞ!)

ナルシストなくらい、自分に自信を持つべし。
(根拠のない自信でOK!)

気になる女の子には自分から積極的にアタックするべし。

ダメだと思ったら、とっとと諦めて次に進むべし。
(切り替えも大切だ!積極的なのとしつこいのは別の話だぞ!)


以上!
恋に悩めるボーイズの参考になったら嬉しいです( ̄ー ̄)

最後までお付き合いいただき、
ありがとうございました。

明日はちゃむさんのエッセイ漫画
初デートのエピソードを紹介してくれるようですよ。
ではまた!(^^)/



【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】マンガ「なれそめ。ペンさんの第一印象。」

★はじめましての方はこちらから
はじめまして、夫です。
マンガ「はじめまして、妻です♪」
夫の目まぐるしく変わった仕事たち



今週は、昨日お知らせしたとおり
金曜日までペンさんブログと連携して
わたし達のなれそめについて描いていきます


というわけで、【ペンちゃむ夫婦の出会いウィーク】第1弾です!
どうぞー


「なれそめ。ペンさんの第一印象。」

20170720215434142


20170720215808595


20170720220046435


20170720220509903


20170720220826629


20170720220953276


20170720221128453


20170720221342111




おなじ商業ビルで
清掃員として働いていたペンさんと
ショップの店長として働いていたわたし


勤務中に顔をあわせる機会は多く
毎日のように「お疲れさまです」と
挨拶をしていました

過去のブログ「向いてる仕事もあるもんだ ~商業ビルの清掃篇~」
でも書いてあるように
この頃のペンさんは 元気いっぱい


いつも誰にでも笑顔で挨拶をしていて
とっても気持ちがいいひとだなぁと思いました


わたしは職業柄、たくさんの人に挨拶しますが
ビルの従業員やお客様
挨拶を返してくれる人は多くないです

毎回、目をみて笑顔で挨拶をするペンさんは
とっても爽やかに思えました


しかし。。
童顔のペンさんを見てわたしは

大学生だろうなぁ~がんばってるな

と、年下だとばかり思っていました
当時ペンさんは24歳でわたしのひとつ上です


そんなある日
ペンさんがわたしの職場前をうろうろ。。
近づくと、自分の連絡先を書いたメモを
渡して帰っていきました

たしか、こんど食事会をするから
お店の他のスタッフさんも呼んで
参加してください と言っていたような


これは、、、
わたしのお店のスタッフの誰かを
狙っている!?!?


わたしは店長として
部下が怖い思いをしないように
気をつけなくちゃ


と、完全にいろいろ勘違いしていました


明日の更新にて
ペンさん視点でのちょっとアブナイ(笑)
なれそめブログ
非モテ男子必読!ショップ店員と付き合う方法

お楽しみに


長々とお付き合いいただき
ありがとうございました